スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穴だらけ「イオンのお葬式」ざっけんな、、、


十分な時間をかけ
努力を怠らなければ

望んでいることは
なんでも実現できます

〜ヘレン・ケラー〜


=====================



Google先生に
「葬儀」と聞いてみると

葬儀関係のページが
たくさん表示されます

その中で
なんとなく目を引くのが


「イオン 家族葬」


イオンはなんだかんだ
ネームバリューが凄いですからね
どうしても目が行ってしまいます

「イオンのお葬式」ご存知でしょうか?


ページに入れば

「押すと電話が繋がります」ボタン

葬儀社を「地域から探す」ボタンが
あったりで便利です










〜追加料金不要のセットプラン〜

火葬式 198000
1日葬 348000
自宅家族葬 398000

その他色々プランも載っていて
さぞ安い印象を受けます

「追加料金不要」嘘ですね

ほぼ確実に追加料金があるはずですから
表示以上の金額になるでしょう

例えば
香典返し、引き物等の返礼品
精進落とし等の飲食費
お布施等の宗教費用諸々



地域から探すボタンから入って
近場の式場を探すと出てくる

低価格、高品質の理由にも
少々疑問が付きまといます







「イオンのお葬式」

イオンが
実際に葬儀をしているわけではありません

イオンは地域の葬儀社を紹介
→紹介料としてピンはねをして成り立っています

返礼品等々についても
イオン指定の業者さんから送って貰う事になるので
逝去当日の通夜だと間に合わなかったりと
フットワークが悪かったりするのも難点



個人的には
イオンのお葬式は大嫌い

大人げないですが「私情」です



フットワークが悪いのもそうですが

全く融通がきかない
&制約が多すぎて
お客様に満足していただける対応が全く取れないからです


「それはできません」
「あれはできません」
「プランの通りですからその通りに」


いやいや、喪家様の気持ちが
最優先事項でしょう


集中力を全て喪家様に向けたいのに
何故イオンのサポートセンターに
集中力を無駄に割かないといかんのか、、

そもそも
葬儀は地域差が大きいのに
全国一律のプラン自体おかしいんじゃ、と








イオンのお葬式をお考えの方

イオンのパンフレットを持って
近くの葬儀社に駆け込んでみてください

きっとイオンのプランより
親切丁寧に対応してもらえるはずです





ーーーーーーーーーーーーーー

今日もきっと良い日になりますよ


マキ
スポンサーサイト

遠州地方「お盆」独特なんですねぇ、、


小人が恥じるのは自分の外面である

君子が恥じるのは自分の内面である

〜吉田松陰〜


=====================


先日は我が家の初盆だったわけで

なんとなく気になったので
少しお盆について調べてみました


「お盆」に関するページはとても
たくさんあります

それこそ

「お盆 表書き」「お盆 マナー」等で
検索すればいくらでも出てきます

インターネットは便利なものです






ただ、書いてある事と
実際に見た事でかなり違いがありました

調べてみると表書きには

仏式でしたら
「御仏前」「御佛前」
「御香典」「御供物料」等

神式でしたら
「御玉串料」「御榊料」「御霊前」



実際に見たのは
お盆の法要(施餓鬼)の時は

「盆供」

盆義理の時も

「盆供」

全て「盆供」で統一







お盆で行う
「盆義理」という言葉は
あまり出てきません

はてはてどういう事か??


〜「盆義理」とは〜

お盆の夕方
初盆のお宅にお参りに伺う事を指します

遠州地方は
盆行事をとても重視する土地柄で
葬儀に参列した人の大半が
お参りに訪れます

故人を偲び
義理人情を重んじた風習ですね


ちなみに
この「盆義理」という風習は
全国的にも珍しく

「遠州地方独特」のもので

「一般的に初盆は近親者」で
執り行うものとなっています


、、、という事は
書かれているのが
「盆供」で統一なのも

ここら辺の地域
遠州地方独特のものなのでしょう

へ〜そうなんだ〜
カルチャーショックです









「盆義理」で来てくれる方々の中で
何人か消え入りそうな声で
ブツブツ言っていました

よく耳を済ましてみると、、、
こんな事を言っていました


「ご初盆でお寂しゅうございます」


これは、全国的にも同じなのかしら??
なんだか堅苦しい感じがしますねぇ









ーーーーーーーーーーーーーー

今日もきっと良い日になりますよ


マキ

盆義理「初盆」ありがとうございます


色気とは仕草や形ではなく

精神的に相手を包んであげる
上品な優しさの事

〜美輪明宏〜


=====================


さて、今年は
我が家も初盆だったわけですが

初盆のお宅は準備が大変なんだなぁ、、と
改めて実感しました


マキさんは父親が何を準備して
何が大変なのかを
横で見ていただけなんですけどね、、、




祭壇の手配から
お返し、引き物、料理
雨が降ると盆供に来る人が大変だ、と
テントの設置

親族への施餓鬼日の連絡&出欠確認

何処の誰々が
盆供で◯◯円包んでくれて
貰いすぎだから返さないといけない等々

色々と
しなければいけない事だらけです







回覧板で
「お盆は簡素化で
盆供返しは廃止になった」と
書いてはありましたが

盆義理で来てくれるのは近所だけでなく
お仕事関係、遠方の方もいますから

用意しないわけはいけません
なんだかんだでかなりの数が出ました

もちろん
「缶のお茶」付きです


〜盆供返しに
何故缶のお茶をつけるか?〜

意味合い的には、、、、

「暑い中、わざわざ来ていただきまして
ありがとうございます

本来でしたら中に上がってもらって
お茶をお出しさせていただくのですが

お忙しい中、引き止めてしまっては
申し訳ありません
手荷物になってしまいますが
これも一緒に持っていって下さい」

てな感じです







ちなみに我が家で用意した
盆供返しは

「タオル」

昨年、父の姉の家の初盆で
用意したお返しも

「タオル」でした









「時期的に大体どこもそうめんだよ?」


「うーん、、、
やっぱりタオルは大切だ
タオルが良い、絶対に必要だ」


??
やけにタオルこだわりますね、、
まぁ、いっか

「そっか、じゃあタオルにしよう」


盆供返しのモノを決める時は
何気無く話をしていたのですが
盆義理で家まで来てくてる方達と
話す父を見ている時

葬儀の謝辞で話していた内容を
ふと思い出してしまいました



、、、、


、、、


「うちは、、貧乏でした
家族4人暮らしでしたが
タオルは1本しかなく

遠方の親族が泊まりに来た時は
どうしようかと困ったものです

毎日お腹一杯に食べるご飯も無く
本当に苦労しました

そんな中でも常に自分の事よりも
私達子どものことを一番に考える母で

私の高校時代のお弁当も
母は自分の会社の給食を
全部食べずにおかずをとっておいて
私に持たせてくれました、、、」



、、、、、そっか
昔タオルが無くて苦労したから
タオルにこだわっていたんだなぁ、と








近所の方
おばあちゃんの友人
父親の友人
職場のシャッチョさん
ブッチョさんスタッフ数名がわざわざ
盆義理に来てくれました


うん、あれです
なんだかんだうれしいものですね











ーーーーーーーーーーーーーー

今日もきっと良い日になりますよ


マキ

ギャラクティカ「お清めとは」ソルトクラッシュッッ!!


二年間、自分を売り込むより、
二週間、他人を受け容れなさい。

〜デール・カーネギー〜


=====================


お葬式の時
お香典を出すと
お香典返しをもらいます

会葬礼状と一緒に
お塩がついています


いわゆる
「お清め塩」







年配の方達は
肩口、背中にパラパラかけたり
手をゴシゴシしたりするのを見かけます

このお清め塩
皆様は使っていますか?

そもそも
どうしてお清めをする必要が
あるのでしょう?


先日、とある御住職から
「葬儀について」「清め塩について」
書かれた文章をいただいたのでご紹介をと思います

少々長文になります








〜ご葬儀ついて〜

葬儀とは
生きているものの為にあるものです。

私たちは生きている限り
必ず死というものに出会います。

そして時には
家族や親戚、友人、知人、ペットなど
大切なものと
お別れをしなくてはなりません。

大切なものとの別れは
なかなか難しいことです。

葬儀とは
いのちの尊さを再認識し、
別れゆくものをいつくしみ
感謝をする機会であり、

また「これでお別れをいたします」という一応の区切りと、
「お別れができました」という
一応の安心得ていただくものです。

そして
私たちお坊さんは
そのお手伝いをさせていただいております。









お釈迦様以来
今日まで仏教では
死というものを扱ったことはありません。

誰もが生老病死という
大きな問題を抱え、その中で
「私たちは一体どうあったら良いのか」
ということが宗教であり、
「本来の自己に目覚める」ということが
仏教の目的であり教えです。

葬儀の内容を見てみましても
生きているものと何ら変わりなく
語りかけお導きをさせていただいております。

葬儀に立ち会うということは
故人に変わってその内容を
お受けいただくということです。

葬儀とは故人と共に
私たち自身のことであり、

また決して死後の世界のことや
まして況んや世間でいうところの
霊魂といったものを扱っているのでは
ありません。

葬儀に際し以上のことを
申し述べさせていただきます。








追伸
「清めの塩」を霊魂など
死を忌みきらうという意味で
用いていませんか?

大切なものとのお別れで、
いったい何に汚れたというのでしょう

何か清めなくてはいけないものが
付いているのでしょうか。

こうした誤ったとらえ方、習慣を
廃止させていただくことへの
ご理解をお願い申し上げます。








とても深く
優しい言葉です

特にお清め塩については同感です
実際、我が家の葬儀の際にも
マキさんはお清めしませんでした

何も汚いものなんかじゃあありませんから、、、




ちなみに

「私お清めなんかしないから
このお塩は料理に使うわよ」って方
→お香典返しについているお塩は
食用ではありませんので
くれぐれも口に入れないで下さいまし







ーーーーーーーーーーーーーー

今日もきっと良い日になりますよ


マキ

「納棺師のススメ」


相手方の話を自分の言葉に置き換えることは、
自分の理解度をはかる指標にもなる。
的確な言葉に置き換えが出来ないようなら、
相手方の言い分を正確に理解できていない証拠だ。

〜橋下徹〜



=====================


「この度はたいへんお悪うございました
ご葬儀のお手伝いを
つとめさせていただきますマキと申します、何卒よろしくお願い致します
先ず、故人様にご挨拶をさせていただきます」


顔掛けに何かが滲んできてますね、、
故人様にお辞儀をして

「失礼します」

ゆっくりと顔掛けをめくります

今一度お辞儀

お顔を確認すると
鼻、口から出血
肩口までかなり血液で濡れています

拭いた様な痕跡もあります
おそらく、ご親族の誰かが拭ってくれたのでしょう


一旦顔掛けを戻します








「故人様、出血がある様で、、
ご親族様で何度か拭っていただいたんですね?お顔掛け、新しいものに交換させていただきますね」


新しい顔掛けを取りに行くのと一緒に
死亡届も今一度確認してみます

「◯◯癌」

やはり癌系でした

今までの経験上
お亡くなりになる原因に「癌」が
絡んでいる時には

出血が起こる事が多いのです
この様な場合には
綿を詰めなおす処置だけだと
足りないのです


お通夜で棺の蓋を開けたら出血
朝、棺の蓋を開けたら出血

よくあります








そうならない為に
お腹の中に溜まった腹水等の内容物を
出す処置をした方が良いのです


ただ
その処置は特殊な技術


地域によっては
お腹の内容物の処置まで出来る
葬儀屋さんもいるかもしれませんが

マキさん在住の地域で
そこまで出来る葬儀屋さんがいる
という話は聞いた事がありません


ですから
「納棺師」に依頼をします

お金がかかる事になりますから
無理強いは出来ませんがね、、、







綿を詰めなおす
処置をさせていただいた後で
本題に入ります
祭壇がどーのこーのではなく

一番大事なのは
故人様の身体についてです

暑い時期にもなりますから
処置を行うなら早いに越した事はありません


「恐れ入ります、これよりお打ち合わせをさせていただきますが
まず最初に故人様のお身体について
お話させていただきます」


・これから身体がどう変化していくのか
癌の場合、変化が早く起こる場合もあります

・した方が良い処置について
処置をする事でいくらかかるのか
処置をするなら可能な限り早めが良いです


他にも
通夜、葬儀で見る故人様のお顔が
皆様の記憶に残る最後の顔になる事



ゆっくり説明させていただきました

結果
「すぐにでも納棺師をお願いします」となりました


友引を挟んだりしたので
日数がかなり空いてしまったのですが
適切な処置が出来たので
通夜、葬儀共に
故人様は綺麗なお顔で迎える事が出来ました






個人的な意見ですが

血液を拭いた跡が残っていたり
目が開いていたり
口が開いていたりするよりも

安らかなお顔の方が
良いに決まっています

もちろん、我が家の葬儀の際にも
納棺師に来て貰って
綺麗なお顔にしてもらいましたよ



ーーーーーーーーーーーーーー

今日もきっと良い日になりますよ


マキ


「葬儀屋マキさんの葬儀とは関係ない話」へようこそ。

マキさん

Author:マキさん
楽しい事が大好きなB型人間

毎日更新しておりますので
お気軽に遊びにお越し下さいまし


マキ

終活はマキさん
どうぞお気軽に遊びに来て下さいマーシー
つながり
今日は何かしら?
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。