スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相談「幽霊が見えるんですけど、、」どうしろと??


問題が重大になればなるほど
笑いが必要になってきます

笑いは多くの面倒事に良く効く薬です

〜ジョセフ・マーフィー〜


=====================



ここ数日
職場に奇妙な電話がかかってきます


「先日葬儀をあげたのですが
家に帰ったらその人がいるんですよ
見えるものなんですか?」


「しっかり葬儀を
終えているという事は成仏してる
はずですから、見えるはずはないですよ」


「そうですか、、、ガチャ」



最初はこんな感じだったようです








それからも何回か
かかってきているようで
その度に

「葬儀を行っているので
見える事はありません」

伝えているのですが
また電話が来るのです

スタッフ数人が
その人からの電話を受けていて
話を統合すると

・他社で葬儀をあげた
・初老の男性
・霊が見えている?








突っ込むところがありますね

他社で葬儀をあげていて
なぜうちに電話をかけてくるのか?
、、他社に最初かけた時に
雑に答えられたから
うちにかけてくるのかしら?

困って電話をしてくるわけですから
無下に扱う訳にはいけませんからねぇ、、




そして、霊?が見えているとすると、、
なかなか怖いかもしれません

目の前に霊がいる状態で電話して

「見えるんですけど」

「成仏してるはずですから
見えないですよ」

、、、おかしいな
今目の前にいるのに、、
そう、これは気のせいだ
気のせいなんだ
気のせいにしておこう!!
チラッ、、見えるし、、、

という状態なのかもしれません

それだと、、怖いですよね










葬儀屋さんに電話するより
宗教者に電話をした方が良い気もしますが、、
もしくは心療内科か、、、

それともただただ寂しくて
話し相手が欲しいだけなのか、、、

マキさんがその人からの電話受けたら
こと細かに
色々聞いてみようかと思っているのですが
なかなかタイミングが合わない次第です


「 霊 」ねぇ、、、
うーん、、この世には科学では
証明できない事うんちゃらかんちゃら、、

、、、見えてるのかなぁ、、






ーーーーーーーーーーーーーー

今日もきっと良い日になりますよ


マキ
スポンサーサイト

呼び方「遺◯」「死◯」違いはなぁに?


人は、話して賢く、
読んで豊かに、書いて確かになる。

〜フランシス・ベーコン〜


=====================


「亡くなった人をなんて呼ぶ?」


「ホイホイ、突然どしたの?
えーと、、いつもは故人様とかかな?
それがどうかしたの??」


「そっか、、、
死体と遺体って何が違うの?」


「へ?」


なんだそれ、考えた事も無かったぞ
死体と遺体の違い??
なんだそれ?
でも、、
呼び方が2種類ある訳で、、、


「ふと疑問に思ったんだけど
葬儀屋だったら知ってるのかな?と
思ってさ」


「お、おぅ、、まぁ、確か、、
なんだったっけかな、、、」










違いとはいうものの
両方とも亡くなった人を表すわけで

いつも仕事上で使うのは
「故人様」「お身体」「御遺体」

「死体」という言葉だと
乱暴なイメージがありますし

「御死体」と「御」をつけると
なんだか違和感がある



マキさんだけかもしれませんが
「死体」という言葉は
ゲームのあの敵を連想してしまいます

そう、ドラクエ5でいうところの
「スミス」さんです







という事で
スミスさんに当てはめてみます


1、く◯ったしたい

2、◯さったいたい


言葉だけですが
受けるイメージが若干変わります

2の方がやはり丁寧な感じの
スミスさんになります


、、という事は



「死体よりも遺体の方が丁寧な言い方なんだよ〜」


「、、、ふ〜ん、そぅ」


「セイセイセイなんだいその
宇宙人を見るかの様な目は
信用してないな(笑)」


「だってねぇ、、」


「それならGoogle先生に聞けばいいじゃんよ〜」


「メンドイ」


、、ヲイ


「じゃあ、調べてみるね」






「お、あったよーー
わかりやすく言うと、、
死体は人以外の動物も含まれるし、身体を物として見ている言葉で

遺体は身体を故人の人格も含めて
丁寧に表している言葉だって

ほれ、さっき言ったの
大体あってるじゃん〜」


「へ〜凄いね〜」


、、生返事、、
まさか、自分で話題振っといて
面倒くさくなったのでは、、

よく見たら
ポポロクロイスやっとるし
いつの間に、、


「まぁ、そういう事よ
で、、どう?面白い??
どこまで進んだん?」


「ヤバイね、コレ、楽しいわ〜」


「ほぅ、それなら良かった
で?さっきの話はわかってもらえたかしら??」


「わかったって〜」


、、本当に聞いてたのか??
まぁ、自分の勉強にもなったからOK〜







ーーーーーーーーーーーーーー

今日もきっと良い日になりますよ


マキ

伝え方次第「DHMO」どれだけ、ヘタうっても、まだ、おわれない


恐怖は常に無知から生ずる。

〜ラルフ・ワルド・エマーソン〜


=====================


皆様「DHMO」をご存知でしょうか?

なにそれ?病原菌か何か?

そうですね、、ここ数日
響き、雰囲気が
なんとなく似ていないでもない
「MERS」という単語はニュースで聞く事があります


どちらも
日常生活の中では
使われない言葉です

どんなモノなのか?

酸性雨の主成分で
温室効果や地形の侵食を引き起こし
腐食の原因や重篤なやけどの原因となりうる事もある物質の事です

とても危険なものですが

工業用の溶媒、冷却材、原子力発電所
発泡スチロールの製造、防火剤
防虫剤の散布

その他各種のジャンクフードや
様々な食品など頻繁に用いられており

現状、日常生活の中では
DHMOと触れずにはいられない状態に
なってしまっています

誰でも
そんな怖い物には接したくありません
避けて通りたいですね







もう少しだけ補足すると

DHMOとは
「ジハイドロジェン・モノオキサイドの略称です

実は皆様普通に使用しています
え?ジハイドロジェン・モノオキサイドなんていう物使ってないよ?

そうでしょう、そうでしょう
普通はそんな言い方で呼びません










使用例としては、、


「家に帰ったら
ジハイドロジェン・モノオキサイドで
手洗い、うがいをしましょう」


「焼酎のジハイドロジェン・モノオキサイド割り」


「桃の天然ジハイドロジェン・モノオキサイド」


「サウナ後のジハイドロジェン・モノオキサイド風呂は最高だね」

等々




分かりやすく変えていくと、、

DHMO

→ジハイドロジェン・モノオキサイド

→一酸化二水素

→H2O

→水


、、、水ッッ!!








たかが水ですが
聞きなれない呼び方で呼べば
仰々しくなるものです


ジャンクフードを食べている人の
◯◯パーセントは身体になんらかの異常を感じています

ジャンクフードを食べている人は
必ず死にます、、、といったのと
同じで全ては伝え方です(笑)


人間の身体の◯◯パーセントは
ジハイドロジェン・モノオキサイドでできています

朝起きたら
まずはコップ一杯の
ジハイドロジェン・モノオキサイド
ですぞ、水分大切








ーーーーーーーーーーーーーー

今日もきっと良い日になりますよ


マキ

迷信〜親指から取り憑く者〜

霊柩車を見たら
親指隠せ、と

最近あまり聞かないですね

そもそも
なぜ

霊柩車を見た際に
親指を隠さないといけないのか

東洋医学では
指は人の臓器と繋がっていると
いわれていて

霊柩車が通過する際に

親指から悪い物が入り込んで
臓器に取り憑く
=病気になるという感じの事の様です

親指だけ隠したら
他の指は大丈夫なのか、とか
霊柩車は化け物ではないですよ、とか
亡くなられた方も
化け物ではないですし、、、

これが真実だとするならば

霊柩車も運転するマキさん含め
葬儀屋さんには

さぞかし大量のクリーチャー達が
憑いているでしょうし

すでに
重い病にもかかっている事でしょう

でも
全然そんな事はないです

よって
ただの迷信ですね
別に霊柩車が通過するからといって
親指隠す必要もありません

実際霊的な存在はマキさんには
見えませんので
憑いてる憑いてないはわかりませんが、、、





霊柩車関係は他にも
いわれがありますね

・霊柩車を追い越すと
早死にする

・霊柩車に乗ると長生きする

似たような物では
・棺に一度入ると長生きする


恐らくは

・追い越すと早死には
ご遺体の先に行く=死

・乗ると長生き
・棺に入ると長生きは

まだ棺に入ってはいけない
霊柩車に乗ると
二度と乗ってはいけない

健康で生きなければ、、
という意識が生まれるとか
そういった事でしょう



棺に入ったら長生き
霊柩車で長生きできるのならば

マキさんはそろそろ
人間の寿命の
限界突破をしているはずです

どれもこれもただの迷信でしょうね



「棺」と「柩」の違いとは、、、

中にご遺体が入っていない
箱だけの状態を「棺」

ご遺体が
納められたものを「柩」と言うそうです

注意して見てみると

・納棺の儀式
(ご遺体が納めれれていない状態)

・霊柩車
(ご遺体が納められている状態)

といった形で使い分けされてます


なるほど
なるほどォ〜

為になるねぇ〜、、
為に、、




仕事行く準備せねば
遅刻してしまうッッ!!!


遅刻だけは、、





ダメよぉ〜、ダメダメ
ダメよぉ〜、ダメダメ、、

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村



病み上がり・マキ

焼香の意味 何のためにするのか

仏式の場合
ご葬儀、法事、
朝仏壇にお参りする時にも

「焼香」をします

焼香の意味知ってます?
考えた事あります?

私は意味もわからず
何と無くそういうものなんだろうと
行っていました

おそらく私と同じように思われている方
いらっしゃるかと思います

しっかりと
意味があるのです




仏教発祥の地である
インドは高温で
悪臭が強くなりやすく

悪臭を和らげる(消す)ために
香料を炊いたり
身体に塗ったりする古来の風習があるそうです

それが仏教でも行われるようになったのが始まりで


一般的に仏教では

「心身を浄めてお参りをするための
準備をするため」
に行うといわれます

なんのこっちゃ???
わかり辛いですね
つまり

1、焼香をすると
煙が出て良い香りがします

2、この良い香りのする煙は
心も体も綺麗に浄めるとされていて

3、浄めた心(体)で
仏様にお参りをするため
に焼香を行うそうです


ただ
ある住職は説法の中で

仏様はお香を食されるから
上に届けるためにお香を炊くと
力説されてましたので

諸説色々あるのでしょう


今度焼香する機会がありましたら

あぁ、
今この煙で
心と体を清めているんだなぁ
さぁ、お参りするぞ、と

思ってくださいまし

焼香の回数についても
宗派により違いがありますが

それはまたそのうちに




にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村


マキ

「葬儀屋マキさんの葬儀とは関係ない話」へようこそ。

マキさん

Author:マキさん
楽しい事が大好きなB型人間

毎日更新しておりますので
お気軽に遊びにお越し下さいまし


マキ

終活はマキさん
どうぞお気軽に遊びに来て下さいマーシー
つながり
今日は何かしら?
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。